« 2024年6月 | トップページ

2024年7月

2024年7月17日 (水)

here and there

ソウルの街中にはたくさんのアート作品が設置されている

Art0

通信社前の空地にも

Art1

消防署前の空地にも

Art4

橋梁の空地にも・・・。

Art2

駱駝山に登っても・・・。

美術を身近に感じられます。

 

そういえば日本でも立川市がこんな試みをしていたなあ・・・と。

TACHIAKWA ART COLLECTION

 

| | コメント (0)

2024年7月 9日 (火)

梅雨だよね?

日本は梅雨。それなのに激アツらしい。

Img_6638

ソウルも梅雨入り。都内や宇都宮より緯度が高いので遅れてくるそう。

Img_6637

とは言っても、雨は降るけど不快ではないという感じ。雨が降ってるのだから湿度も高いはずなんだけど、そうは感じない。雨が上がれば快適で・・・。とっても不思議。

Img_6627

写真は景福宮の南エリアにあるオフィスビル。なんとなく、フォスターが関与しているような。建築の情報がほとんど手に入らないんだよな・・・。

| | コメント (0)

2024年7月 8日 (月)

消費社会

Img_6618

ソウルの都心部に住んでいるからか、古い自家用車は全く見ない。ライトがピッカピッカの車ばかり。

私が日本で使っている車は2006年式と2012年式。どちらもここ数年、目が濁ってしまい、クリーナーを毎年かける状況。日本ではライトが黄色く変色した車もよく見かける。もちろん趣味の旧車、旧型ジムニーなどの長寿命車も日本ならチラホラ。

こちらでは電気自動車もたくさん見かける。バスさえも新しいようだ。10年たったらバッテリーが充分に充電されなくなるというけど、おそらくココでは10年も同じ車を乗ることはないのではないかな・・・。

住居もそう。私の宇都宮の事務所が入るマンションは1988年竣工。既に36年を経ている。それでも普通に綺麗。でも、ソウルでは20年経った建物は古いと敬遠されがち。90年代、80年代なんてあり得ないレベル。室内のリフォームさえ10年「も」前に変えただけで・・・という言い方をする。

ここでは、長く長く使うというより、短いサイクルで定期的に更新、買い替えをし、常に新しい状態を保つことが好まれるよう。

文化の違いなんだろうな・・・と。

| | コメント (0)

« 2024年6月 | トップページ