« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月

2021年8月30日 (月)

岩国へ

広島から離れる前に岩国へ

米軍キャンプと錦帯橋、魚が美味いよという事前情報を携えて。

Img_4019_20210830184401

駅前には昭和の香りがプンプンするラーメン店。入り口で注文、引き換え券として楕円のプラスチックプレート。懐かしい。出てきたラーメンも懐かしさプンプン。後ろの席から英語での話し声。注文時には気づかなかった。帰り際、目を向けるとお箸で普通に食べてる。ちょっと驚き。

山口県はマンボーさえも出ていないが、コロナのせいか、日頃からこうなのか、飲食店はガラガラ。道行く人もまばら、半数は外国人という不思議さ。

Img_4033

夜の繁華街はとても暗く、この先には米軍御用達のショーパブが多数。日本というより東南アジアの街角って感じ。

Img_4049

世界遺産の錦帯橋。出し桁だなあ・・・と

Img_4059

で、SNSで助言のあった岩国寿司を・・・。

Img_4051

左上がそう。薄焼き卵の下は桜でんぶと椎茸の押し寿司。魚は入ってない。新鮮な魚と思っていたので肩透かし。

疲れが溜まってるし、暑いしで、心折れて山口県は1泊で退散。

あと残す県は、鹿児島、佐賀、福井、和歌山だけになりました。

 

| | コメント (0)

2021年8月28日 (土)

抗原検査

 1_20210830192401

広島も緊急事態になり・・・お手伝い先でもこちら抗原検査キットが配られました。明日から毎週やってねと言われたものの、今週一杯で退散の私。

しかも・・・検査当日朝に同室で私から3Mしか離れてない方が陽性。ワクチン2回接種済かつ1ヶ月超えなのでブレイクスルー感染か。私も陽性が出たらこのまま広島に幽閉???なんて不安も走る。

唾液を採取して5分、振って、プレートにスポイトで注いで・・・・あっピンクに染まる。その15分後、無事陰性が確認できました。中国製で認証品でもないから精度はあまり高くないらしいですが。とりあえず陰性なら良しということで。

 

後日談:前記の方は抗原検査で2度陽性が出てました。その後、PCR検査を受けたら陰性だったそうで。どんだけ精度が悪いんだって話に(汗

| | コメント (0)

2021年8月20日 (金)

広島飯

やはりお好み焼きから。

14

広島の双璧と言われる八昌。

そばから小麦の香りが漂うんだけど、麺がビシャッとしてる・・・。

16_20210820000601

仕事場近くのお好み焼き屋でよくよく観察すると・・・

17_20210820002701

広島では蒸し焼きそばをヘラで炒めるのではなく、麺をゆでて、丸く置いて片面を焼くだけ。だから中には水分が残る。焦げ目も一部しかつかない。これは驚き・・・。

10

こちらは宮島のストリートフード。焼き牡蛎。一個二百円。これはあたり! とても美味しかった。でも・・・店のおばちゃんいわく、今の時期、広島に生牡蠣はないって。駅で生牡蠣を含むコースを食べてしまったんですが・・・(汗。あれは新潟の牡蠣だったらしい(涙

13_20210820000601

地元で愛される居酒屋でアナゴの白焼き。あれ??? あっさりしすぎてうなぎが恋しくなる。

12_20210820000601

この見た目に惹かれ、アナゴの刺身(薄造り)。うーん・・・クニクニって感じの食感。結構微妙(笑

Img_3523

さらに広島風ラーメン。しょっぱいし、九州のような棒麺に涙する。

Img_2859

全体的に微妙に感じる食事が多いけど、蓬莱の天津丼(税込700円)には驚き。生卵が入ってるのかと思うほどとろとろの食感。卵だけではなく野菜も肉も入ってるのが嬉しい。とてもおいしかった。地元では有名なお店だそうです。

以上 広島の中間レポでした。

| | コメント (0)

2021年8月16日 (月)

広島へ その1

「広島の8月上旬は行事続きだし、2週間くらい調査で行ってみない?」と言われ広島へ。取材、展覧会準備、ゼミ合宿に続き4回目の来広。

もう一度見ておこうかとまずは厳島神社へ。今回は原爆ドームすぐそばから出てる高速船で向かう。早いし快適。

ですが・・・。あれ?


1_20210819234901

あれれ?

2_20210819234901 

あれあれ???

3_20210819234901

鳥居も見えんとは・・・(汗)

それでも・・・鳥居の先に見える宗教団体の建物が見えなかったので、ちょっと良しとしよう。

前回とても美味しかった岩惣のアナゴ重と思ってお店を訪ねたものの・・・。ミシュランの星をとった余裕からか、コロナだからか、昼食営業無し。

11時前ということもあり、もみじ饅頭を一口食べて、軽い気持ちで弥山のロープウエイで山頂へ・・・。

4_20210819234901

実はロープウエイは2つ乗り継ぎて・・・。

動いていれば、下部の窓から爽やかな海風が流れ込む。下界は35度近いけど、ロープウエイ内部は快適。

5_20210819235001

停車場では窓に向けて移動式クーラーのダクト。これがとっても効果的。

さて終点について、弥山展望台はどこかと思えば・・・。

6_20210819234901

向こうの山の山頂だそうで・・・。山頂まで45分の登山だとか。なんか、ここのところ山登りばかりしてるような。トレッキングポールを持って本格的に登ってる人もちらほら。完全に場違いと雰囲気の私。

7_20210819235001

30分歩いたお寺で既に水がなくなり・・・300円で500mlの水を補給。

さらに急坂を歩く。

8_20210819235001

ここはスリランカのシギリアか?(笑

この先にあったのは、学会賞を既に2度もとっている三分一さんの弥山展望台。

9a

2Fの休憩スペースではたくさんの人がこの木の上でくつろいでた。いなくなった瞬間をパチリ。

9b

屋上は風の通る手すりに囲まれる。ここにも爽やかな海風が駆け抜ける。

三分一さんが風、風いうのもわかるなあ。

内陸では感じられない心地よさでした。

 

 

 

| | コメント (0)

2021年8月 4日 (水)

名古屋へ その2

翌日は知多半島、常滑へ。名鉄特急でわずか30分。セントレア空港の一歩手前INAX創業の地です。タイルの勉強も兼ねてと思って訪ねると・・・。

221846587_4136709716411716_6795023150480

 

本日休館(汗


仕方なく、アークテクチャーマップで近隣を探すと、戸尾さんの博物館を発見。坂道を登ること数分・・・。

219896457_4136912979724723_2365006752594

改装中につき閉館中・・・(汗

2連敗に意識が・・・くらり。

幸いにもその奥にある堀口捨己さんの常滑陶芸研究所は開館中とのこと。

222733482_4137823866300301_5554148416572

あら・・・私の好きな60年代の香り。(1961年竣工)  

中に入ると、知恵を絞って、丁寧に設計している跡が随所に見られ、、、、真摯な取り組みがヒシヒシと伝わってきます。

Img_2545-2

展示室も

226925634_4137824209633600_7339257839987

階段も・・・。

熱心に見ていたら、事務室からお声が。

よろしかったら、二階や、屋上や、茶室(1F、2Fの両方にあり)もどうぞって。

220961746_4137824079633613_8352519822492

メンテナンスを考えた、このマニアックな納まり・・・etc。

いたく感動した次第でした。

締めは、1995年竣工の新見南吉記念館。ごんぎつねの作者です。コンペを経て竣工したのですが、畝る丘が平行に並ぶ構成は、衝撃的でした。と・・・同時に、雨漏りで大問題に発展し・・・。

Img_2642-2

とは言っても、、、

Img_2641-2

子供達がその畝る丘で楽しそうに遊ぶ姿はとても良いものでした。

写真で見るとなだらかに見えますが、富士山同様結構傾斜はきつく、太鼓橋のよう。それもまた良し。

なかなか楽しい名古屋遠征でした。

 

 

 

| | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »