« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月

2021年7月29日 (木)

名古屋へ その1

時間のあるうちにと思い名古屋へ。デルタ株の蔓延で、少々警戒中。なので、今回は完全単独行動にしました。

第一目的はいまだに見ていない豊田市美術館。名古屋から電車を乗り継ぎ1時間超。豊田って結構遠いのね。世界的自動車会社の本拠地といえど駅前は元気なし。車会社だから仕方ない???

食事もまだだし、美術館はそう遠くないと思い歩く。するとこんなカーシェアステーション発見。マイクロコンパクトの電気自動車がずらり。さすが豊田市。まだ発売前の車なのに。その場で手続きできたら乗ってみたいと思えども・・・登録の仕方も見つからず。

T1

道すがら見つけたお食事処は鰻屋。googleで高得点だし、この値段でこんなものが食べれるなんて・・・という書き込みもあり、コスパ重視の私は思わず入店。店構えは少し古い食堂風。しかし、基本メニューは4000円前後、ランチタイムサービスは無し。さすがにこの店で3-4千円はと思い、頼んだのがミニ丼 1980円(税込)。

T2

お吸い物が後から来るのかと待ってしまいましたが・・・現れず。丼と香の物だけ。高っ。でもお味は流石。弾力のあるうなぎに香ばしいタレ。美味しかったです。物足りなかったけど(汗

T3

谷口作品なので、ルートに沿って来館と思ったけど、メインエントランスらしきものが見当たらず。線路ぎわの細い道から入る東口からのアプローチとなったのでした。中途半端なところから入ったためか、もう一つ構成もつかめず。

T5

よく写真で見かける吹き抜け

T6

いつもの円柱とメインエントランス?

 T4

展示室はさりげなく、美しくまとめられていて。磯崎さんのホワイトキューブより少しクリーム色っぽいかな・・・。平日なのにモンドリアン展は結構混んでました。モンドリアンがアレに至る経緯も見れるし、他の作家と比較していくと彼のものがすぐわかるようになります。とても完成度が高くオリジナリティがあったんだなあって。単純なのに。

T8

外に出ると美術館が巨大なのがわかります。

T9

もう日本的スケールじゃないなあと思うフレーム。歩き回ったからか、結構疲れました。

T10

2Fレベルにはこのようなインスタレーションが広がり、たくさんの女性が自撮りしてました。映えスポットなのね。

T11

実はこちらの分館・高橋節雄館も重要で・・・。当てる、抜ける、登る、降る、回る・・・といういつもの動きに安心感。

T12

展示室を出たとこにあるいつもの休憩所もちゃんと装備。そういえば本館にはコレがなかったんだよなあ・・・と。展示室が大きいのに休憩できない。緊張感が続いて疲れるんだろうなあ・・・とも感じました。

今まで見た谷口美術館作品の中では最大。そして最高レベルの施工単価なんじゃないのかな。なるほど納得でした。

ダブルスキンや美しい空調計画、知久設備さんのご配慮にも感銘しました。

 

 

| | コメント (0)

2021年7月24日 (土)

富士山 その3

8時に横になったはずですが・・・12時前には目が覚め、引き続き横にはなってたけど寝てるのか寝てないのかわからない状態であっという間に夜明けでした。

C1

朝飯を食べ、5時ちょっと前には太子館を出発。チェックアウト手続きとかは特にないみたいです。

一つ上の山小屋蓬莱館までは岩場が続きますが、その後は小さな火山砂利のつづら折の急坂に。前日の筋肉痛もまだ出ずに、休みつつですが淡々と登れました。

C2

そして8.5合目、最後の山小屋 御来光館。

C3

こんな高地でも肉まんは300円とお手頃・・・。

C4

生麺ぽい麺類も並ぶ。800円しかしない。

お水も500円となかなか良心的でした。

お水ですが・・・7合目までは400円、8合目からは500円、某山小屋だけ600円でした。水を買って、自分のペットボトルに注いで、空いたボトルをお店に返せば荷物は増えません。

C5

8.5合目からは空気が薄いためか、ペースがさらに落ち・・・。

C6

9合目を超えるとまた岩登りに・・・。これが辛い。数メートル行っては休みのを繰り返す。

例年なら渋滞する箇所だとか。今年はほんと空いてる。

C7

太子館出発から4時間半、9時15分頃、頂上に着きました。空気が薄いのを実感。天気も良いしお鉢参りもと思ったのですが、標準タイムより20%増しという感じなので、休憩を挟んで降りることにしました。

山頂出発は10時。

C9

下山道を見ると土埃をあげてハイスピードで降りる方々。

私も出だしは快調!9合目近くまではあっという間に降りられました。しかし・・・問題はそこから。ズルズルと滑るので、足の踏ん張りが利かなくなり、前に進めなくなります。登りと違い、休憩=座る場所は地べたのみ。腰を掛けられないので体力も回復せず。

C8

写真で見ると急には見せませんが・・・とんでもなく急です。ズルズルです。こんなつづら折りの砂利道がひたすら続くのですが、コーナーを回るたびに立ち休憩を挟む感じ。最悪なのは本8合目の下江戸屋の売店が最後で、トイレは6合目までないし(7合目は故障)、水は5合目まで買えない・・・。というわけで、悲惨な下りとなったのです。

所要時間は5時間、ギリ3時に車に戻って参りました。下りが辛かった・・・。

 

 

総括

・今年は本当にオススメ。

・装備をしっかりすればデブで運動不足の私でも登頂可能。ただし、下りは超大変。

 

富士山登山で絶対に準備すべきもの(カッコ内は私が買ったメーカー)

・速乾長袖 UVカット品 (おたふく靴下製、綿はダメ!)

・軍手 できればUVカット品がおすすめ

・ストック (SINANO製)

・登山靴 通常より+1cmのもの (SALOMON)

・保護メガネ (山本光学)

・日焼け止め化粧品

・帽子

・吸水冷感速乾タオル 100円ショップにて

です。他は参考サイトに書いてある通り。

合羽はワークマンで透湿防水タイプを買いましたが、値段相応のようです。倍値になりますが、MIZUNOとかは良心的みたいです。ずっと晴天だったので結局使わずにすみました。

ジャージ上下で、上着は腰に巻いて登りました。外国人は薄着、多くの人はちゃんとした登山ルックでした。

登山から2日筋肉痛はすっかりなくなりましたが、お顔がこんな感じ。

Img_2215

日焼け止めが嫌いなので、何もつけず登ったのですお鼻が火傷状態で、市販薬のお世話に。

ともかく一度は登ってみるもんです。富士山。

 

 

| | コメント (0)

2021年7月23日 (金)

富士山 その2

ようやくたどり着いた太子館の紹介です。

 

A1_20210722214901

体力に自信がないし、登頂をできなくてもいいかなと、7合目の宿と思ってたんですが、流れで登頂も考えることになり・・・。また7合目の宿なんてすぐでしたとかいう書き込みも散見されたのでもう少し足を伸ばしてみようと。ただし、私にとっては全然すぐじゃなかったし、ここまでが精神力と体力の限界だったみたいです。

ちなみにこれより上の山小屋は、カーテンで仕切られてる山小屋もあるようですが、個室にはなってなかったみたいです。

もともと500人以上を収容する宿だけあって、水のタンクがたくさん。

A7

建物の端っこには山梨大学医学部の協力による24時間対応の救護所。深夜でも電気がついてたので、とても心強かったです。

A8

今年よりOPENした個室はこんな感じ。私の泊まったのはこの下段。

A2_20210722214901

窓は2重に。外側は上段と共有の窓、枕の先には板の間の荷物置き場。床にはマットが敷かれ快適。立つことはできないけど、普通に座れる。

A3_20210722214901

入り口は無垢板とカーテンで仕切られ。

A4_20210722214901

上段は素敵だけど天井高が低すぎて、起きた時に頭をぶつけそう。

A5_20210722214901

個室群前の廊下。

A6

相部屋は隣同士がカーテンで仕切られててる。廊下から丸見えなので、ちょっと落ち着かないし、眠れなそう。

A10

お食事は5時半頃からできた順番に。定番のカレー。ご飯はレトルトの方が数段美味い。

A9

おかずは小さめの鯖味噌煮にウインナー。香のもののほか、デザートに富士山饅頭とゼリー。

正直物足りないっす。売店で売ってる食事はカップ麺くらい。600円(汗) 最近あの麺が苦手でして・・・。

山小屋によっては生麺を出してるところもあったようです。

まあ清潔だったし、やはり個室の方が落ち着くというわけで、山小屋選びは正解だったと思います。

8時には就寝・・・。

 

| | コメント (0)

2021年7月22日 (木)

富士山 その1

数年前から登ってみたいなあ・・・とつぶやいてた富士山。コロナ渦で外国人が来なくなり、日本人の移動も比較的少数、感染対策で山小屋が個室になってるところが増えてる。という条件がそろってしまい、7月上旬に登山決定。天気予報とにらめっこしつつ18日(日)に登ることになりました。

宇都宮の自宅から5合目までは3時間ちょっと。富士スバルラインは一般車規制前(20日3:00から)だったし、日曜に行ったためか、少し離れた登山者用駐車場ではなく、レストハウス直下に車が止められるという幸運も。準備をして、食事をして、トイレに行ったら、あっという間の1時間半。高度順応時間は充分か。

1_20210722205401

吉田口5合目の人はまばら。スタートの12時頃なので下山者が半分というところ。

2_20210722205501

6合目まではハイキングのような道が続く。しかも少し下りも入る。

4_20210722205501

状況が変わるのはここ、6合目の案内所から。

5_20210722205501

火山石が表面に散らばり、急なつづら折りの道に。コーナーで休むこと数回。

6_20210722205501

7合目手前からは岩山に。
テレビではTシャツにサンダルで来る登山者を取材していたが、それは6合目手前の道のり。

ここからは両手を使って登るよう。手袋必須です。サンダルではつま先を怪我しそう。
山岳ガイドに連れられたツアー客にも抜かれ。

7_20210722205501

山小屋の度に休むとともに、その間でも休まないと登れなくなる。

ただ、、、、息を整えればまたスタートできるし、数分は登ることもできる。

8_20210722205501

本日の宿泊所、8合目太子館に着いたのは、出発から4時間半後。もうヘロヘロ。

標準タイムより1時間近く遅くなってしまったのだ。

(続く)

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年7月 7日 (水)

貯まりました

2月より本業のため自宅でお仕事。
深夜になって出かけてしまうのは山岡家。

Img_1652

半年弱で10枚貯まりました。
お腹の脂肪も同様に・・・(汗

| | コメント (0)

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »