« 2020年12月 | トップページ

2021年1月

2021年1月10日 (日)

謹賀新年です

昨年はコロナで大騒ぎでしたが、年末年始は京都に長期滞在しておりました。GOTOは中止になったものの、こんなにホテルが安いことはもう2度とないかな・・・と思いまして。

Img_7119

30年ぶりのTIME's   コンクリートブロックも綺麗になってます。売りだった川との関わりは北側にできた飲食店に持ってかれてるような(汗

Img_7126

鴨川を渡る歩道。飛んで飛んでリッツカールトンへ。

Img_7129

リッツのディテール。by日建設計。池原さんインスパイヤ系?

Img_7120

開館中というから行ってみたのに・・・。

Img_7132

誰だと思ったら内藤さんの小作品。テンション材がモアレに見えてくる。相変わらずの重く、落ち着いた空間。壁の木はどうやって止めたんだろう。

Img_7185

ちょっと震えた東寺。建物の配置はそっけないけど、巨大で美しい塔、闇に鎮座する仏像。私が古建築や仏像で震えるのは本当に稀。

Img_7252

京都駅ビルも西から東へ、ブリッジを渡り探検。いやあ・・・原ワールド。

Img_7217

ROHM社屋のライトアップ(石井幹子さん)、蝋燭のような京都タワー。

 

Img_7105

食も場も楽しみ・・・。フランス料理人のような出で立ちや、オール電化の厨房。ジャパネスクな店内のラーメン屋はミシュランのビグプルマン。削りたての鰹節や食感の残るタケノコが印象的。ただ・・・そばとラーメンの境界はどこ?嗚呼アポリア。

Img_7149

B級、千葉屋の肉鍋。

Img_7161

安定の和久傳。昼限定コース刈安の1品目。実は蘇芳とほぼ一緒。今回は鯖寿司が付いてない・・・。

Img_7211

新阪急ホテルには超絶コスパの日本料理店が入ってるような。京都は美濃吉。蟹身まぶし炊込飯はおかわり自由。丸餅・白味噌の雑煮(写真外)も付属。この御膳、巨大です。酢の物は驚きの酸っぱさ。エビは大きくプリプリ。珍しく肉の香りがあるステーキ。これで4200円税込は激安。6600円のコースとの料理の違いはデザートだけの模様。

Img_7168

30日、閉店間際の伊勢丹では9000円(税別)の舟盛りちらしに出会う。若い店員さんが半額ね・・・と売り場に出すも誰も興味を示さず。じゃあ2000円(税別)で良いよとなり、一番先に手を挙げた私が落札。税込なら驚異の7700円引き。魚の下にはいくらや蟹身が散らばり・・・いやいや豪華でした。

今年はコロナが落ち着き、日常が取り戻せますように・・・。

 

 

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ