« コロナ対策 | トップページ | IKEA »

2020年5月10日 (日)

床のリフォーム

築40年の我が家の床(12mm檜板+CL塗)が床下からの湿気からか、ブカブカで抜けそうになってたのでセルフリフォーム。

床を剥がす大工事は勘弁。では、さてどうしようかと悩むこと数ヶ月。やはり床の上に床を貼るかという結論。

床材は、既成のフローリングも考えたけど、やはり安っぽいし、玄関端部の処理がうまくできるか、また、直線がうまく切れるか不安。

では切りっ放しでも良い幅10cm程度の無垢材でと考えるが、無垢板貼りに慣れないプロだと、1日2坪程度しか貼れない。じゃ、素人の私は・・・と考えると・・・ということで導きだした結論。

3*6版の檜パネル24mmを、古い床の上に貼ることに。加工の道具もないので実(サネ)無し!

置くだけなら楽かなと思って、ジョイフルホンダ で加工依頼、9枚を12cutして600円。家に運んで、敷いて調整をして・・・。インパクトドライバーで穴を開けて、最後にスリムビスズボッと。木パテで穴を埋めたら木工事終了。

保護剤は荏油(ジンユ・えのあぶら)。2枚目の写真上部が塗ったとこ、下が塗る前。いつも使うリボスカルテッドはGW中で手に入らず。まあ値段も安いし、使ってみるかと。塗るとリボスに近い匂いがしたような気がしました。肌に触れる感じはちょっと硬いかな。

塗装時の写真はこちら。

Img_6038
上:塗装後。下:塗装後。ビス穴がミソ。

Img_6040-2

4.5坪の廊下の施工期間は、買い出しから、保護剤塗りまで、実質2日。家が思ったより歪んでいて、その調整がちょっと大変でしたが、総額5.5万円と無垢にしてはローコストかつ短期間、見た目もそこそこに仕上がったかと思います。反ってきたらビスを増し打ちしよう。

Img_6128

そこそこ楽しめましたが、施工より構想の方が得意だなって実感。
終了後は指がピクピク、腕と足は数日間筋肉痛・・・なんだもん。

|

« コロナ対策 | トップページ | IKEA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナ対策 | トップページ | IKEA »