« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月28日 (金)

ギャラリーA4

竹中工務店東京本店に併設されているA4へ。お昼時間を抜け出しただけなので15分の短い滞在。

A1_20200303201401

年末のヘルシンキで見逃したアアルト自邸のインテリアなどが原寸大で再現されている。入場するとipadを手渡され、ヘルシンキモードと東京モードと名ずけられたVRを体験することができる。

A3_20200303201401

ヘルシンキモードで見ると、ヘルシンキのアアルト自邸の映像がipadに重ね合わせられる。現地では見れないキッチンものぞける・・・。

A2_20200303201301 

東京モードでは、3Dモデルがipadに映し出される。

とても新しくて新鮮な体験に驚くのだが・・・老眼が進行している私には、画面と実物を一緒に見ることができず、苦難(笑

あっという間に15分が経ち、消化不良で帰ってきたのでした。

場同様に面白かったのはアアルトに対する分析「ブランディング」について。名前、風貌、特許、メンター、ロールモデルetc・・・。商売としての建築も意識していたのは意外でした。

 

 

| | コメント (0)

2020年2月21日 (金)

乃木坂から

久々に乃木坂。

新国立美術館集合で、武蔵美・多摩美・造形・女子美・日芸による「5美大展」を拝見。大学間の作風の違いに驚き・・・。

そのままギャラリー間の「増田・大坪展」へ

Mo

以前事務所にお伺いした時に主要な部分以上にサブ的な場、例えば窓枠や、浴室などを高めることによって新たな可能性を求めてるというお話を伺っていた。と、わたしは解釈してました。今回の展示は、その考え方の延長上でありながらも、建築を組み立てるアプローチを変えることや境界の取り扱いをより強くスタディすることによって、何かしらの新しい建築、場、空間をつくろうとしてたように感じました。難解だけど・・・。そういえば、2人の試みはエレメント系と言えるのではないかなぁと感じ、、、。

21デザインサイトの「デザイナー達の原画展」へ。

2121

実は大して期待してなかったのですが・・・度肝を抜かれました。

川上元美さんのパーツで構成された工業デザインに惹かれ。修行場所のマンジャロッティ師というのもなるほど。原研哉さんって凄すぎるじゃんとか・・・評論系の方かと勘違いしていて申し訳なさすぎ。デザイナー達のデッサン力、造形力に憧れと嫉妬・・・。

驚きました・・・。

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

お疲れ様でした

1998年に事務所を設立し、街中に出所。内装工事を自力施工していた時に見つけた汚いお店。無愛想な親父と女将さんの中華料理店「ふんよう菜館」。宇都宮に来客が来るたびに、ご案内。靴の裏も、椅子もなんとなく粘り気があるようなくらい油まみれの店内。そこにみなさん驚きつつも、餃子の美味さ、豚バラの柔らかさ、そして値段に感動してくれた。

そのうち、無愛想な親父さんも、他にお客のいない時に話しかけてくれるようになり・・・。私の素性も新聞を通してばれ・・・(笑) 街中にあまり行かなくなるにつれ、来店頻度も落ち、ここ数年は年に2回程度になっていた。

ちょうど1年前、2019年の今頃お邪魔すると、女将さんがいない。豚バラがなくならないようにと6時30分頃に行ったはずなのに、「ご飯ないけど大丈夫?7時で締めるし・・・」と親父さん。餃子とバラとサラダがあればいいやと思い、いつものように食べ始め。他のお客さんも帰ってしまったし、もう7時なので帰ろうかなと思うと、ポツリポツリとお話が始まった。奥様が倒れてしまった件、朝4時半に家を出て、9時に帰る生活はきつすぎる件。自分の師匠は私と同じ建築技術者だったこと、修行時代、姉妹店、息子さんのことetc・・・。そして最後に、もう店を締めようかとの告白。ちゃんとお知らせお願いしますねとお願いしても、並ばれたりするの嫌でしょ、だから突然閉店がいいかな・・・と。どこまでもシャイ。結局、退店は8時ちょっと前に。

86872488_2726877850728250_35536428925997

行こう、行こうと思いつつ・・・。結局、閉店のお知らせは友人から送ってもらった新聞記事で知ることに。
最後はちゃんと掲示を出したんですね。そして閉店当日の新聞記事。

本当にお疲れ様でした。

 

| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

10枚たまりました

Img_3502

有効期限1年なので3枚ほど無駄にしましたが、無事10枚たまってラーメン1杯ゲットです。

Img_3496

初めは、くどいな、臭いなって思ってたんですが、チェーン店では珍しく豚のコクがあるんです。特にスープが煮詰まるのか深夜にその傾向大。モチモチの麺も意外にありそうでない。最近はメルマガにも登録し、チャーシュー増しや海苔増しを楽しんでます。

 

| | コメント (0)

2020年2月 8日 (土)

年末旅行 完結

ヘルシンキを後にし、アレグロでサンクトペテルブルグへ。

飛行機と違って、入国審査が楽でした。フィンランド国鉄の「VR」のロゴは「JR」に似てるけど非なるもの。数段バランスが良く思えました。デザインの国なんだな・・・。

Skt-kinoko2_20200208211101 Skt-kinoko1_20200208211101

ロシアに入って実感したのは食の豊かさと物価の安さ。きのこ料理がとにかく美味い。しかも安い。上の写真はエルミタージュ美術館の路地裏にある喫茶店のもの。各皿150円くらいです。

20200122-220628

20200122-220702

ウサビッチの描写は的確です(笑

Skt-ramen_20200208211101

唯一ロシアで不味かったのが、サンクトペテルブルグ大通りにあるヤルメン。なんでこんなにまずく作れるのか不思議。海外ではいつものことだけど・・・。日本の冷凍ラーメンを出した方が良いのではないかと。

モスクワも手馴れたもので・・・。

Mos-1

近くのKaφeで朝ご飯。

そして配車アプリyandexを使い好きなところへひとっぱしり。

空港まで40km以上あるのに2000円もしないんだもん。

Mos-rem ¥Mos-park

美術館をはしごして、JALで帰ってきたのでした。モスクワ便、お得です!

 

 

| | コメント (0)

2020年2月 6日 (木)

年末 その3

数年前にクリスマスにイタリア旅行をしたところ、お店も食事処もほぼ全部休業という痛い目にあったので・・・。年越しはフェリーでビュッフェ。

Helstjk-ferri

一晩たったらヘルシンキというのがとても良し。

国旗も似てるし、地理的にも近いのでそれほど違いはないのかなと思っていたら、全く違う2カ国にびっくり。ストックホルム@スウエーデンは機能的かつ合理的な国、ヘルシンキ@フィンランドはそれよりもファンタジーを重視しているような。

Hk2  Hel-art

だからこのような曲線が受け入れられる土壌があるような。

Hel-ishi Hel-kampi

教会にしてもしかり

 

Hel-lib

国立図書館にしてもしかり・・・。

Hl1 Hl3 Hl4 Hl2

先日できた市立図書館に至っては、隣国スウエーデンでは受け入れられないのではないかという非合理性も。

高福祉の国と言われていたけど、普通に物乞いはいるし、何よりも食事が貧しい。 

Hel-res2 Hel-res1

EU統合前は塩しか調味料がなかったとか(出展wiki)
やはり、屋台でもレストランでも同じようなメニューで・・・。1皿3000円と思うと外食なんてできないなって。お味も微妙でした(汗

Asp 

ちなみに旅行サイトで皆さんのから絶賛されているアアルトカフェ。「アアルトの空間が・・・」とありますが、椅子はヤコブセンなんですけどね。

スウェーデンはIKEAにVOLVOにアスプルンド、フィンランドはムーミンにサンタにアアルト。ああなるほどと思った次第でした。アアルトの住宅やアトリエは予約がいっぱいで行けなかったのでまた別の機会に・・・。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年2月 2日 (日)

年末 その2

まずは、スウェーデン。

St-lib 

1928年竣工のアスプルンドによる図書館。いやあ・・・モノ感あふれる作りに驚きました。強い。

St-bochi

そして早朝に同氏による森の火葬場へ。等間隔に並ぶ樹木、長いアプローチとシークエンス。安藤さんのデザインソースが詰まっている感じがヒシヒシと・・・。

St3

間違えて入った北方民族資料館はディスプレイがとても工夫されていて好感。

ホテルは東京よりずっと安いものの・・・食事が涙状態。

市場で食べたオープンサンド

St-opensand

サーモンスープ

St-salmon

どちらも1500円・・・(高っ)

St-super

スーパーのサラダもこんなもんで1200円・・・。

しかもお店も、スーパーも料理の種類が変わらない。

モチモチして美味しいフランスパンが100円だったのだけが救いでした。

St-sushiyama

そこ彼処に見かける寿司店SUSHIYAMA、これで1000円なんだから大人気になるのも頷ける。日本で知られてないが相当の実業家なのかなと思ったら、キッコーマン醤油には韓国的な表記、付け合わせは生姜でなく、ごま油がかかったもの・・・(笑

サーモンやエビが主食のこの国で寿司が流行るのがわかるなって。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

年末報告1

10月の末だったかな・・・年末どうしようと思っていつものように検索をしていたら、12/28日発、1/6朝に日本着、サンクトペテルブルグ往復で21万円というチケットを発券。年末年始はとにかく飛行機が高い。これはS7というロシアの航空会社。

ところが・・・よくよく見ると、S7とJALの共同運行便。というわけで、成田-モスクワ間がJAL、サンクトまでの1時間がS7とい変わったチケットで行ったわけです。

実はこれ・・・JALのビジネスクラスでして・・・。JAL扱いで予約すると最安でも80万円、エコノミーでさえ25万円なのに。ほんとネット情報の発達を実感します。

Jal

そういうわけで1年3ヶ月ぶりにロシアの地を踏むことになりました。ただし、今回は北欧がメイン。

Finair

サンクトからは別チケットを購入し、プロペラ機も使ってストックホルムに乗り込んだのでした。
プロペラの振動がブルブルうるさかったです(笑)

 

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »