« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月19日 (日)

美味しくなりました

校舎建て替えで2年間も学食が使えなかったのですが、とても美味しく生まれ変わりました。

450円のヘルシーランチ。

Img_2074

500円の日替わりランチ。

Img_1195

そしてラーメン350円

Img_2026

これがなかなかのもの。
どれも量が今までよりかなり少ないのだけが残念ですが・・・本当に美味しくなりました。

でも・・・やっぱガツンと食べたい私は、以前あったようなダブル炭水化物みたいな取り合わせにしちゃうんですよねえ

Img_2058

かつカレー450円、狐うどん250円。

カレーはJALやANAのラウンジ並みに美味いっす。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

スリランカへ

4月21日にテロがあり、宿泊候補となっていたコロンボ市内のホテルで爆発。非常事態宣言が発令され、外務省の安全情報でも不要不急の渡航は避けるようにと危険度が上がる。とは言っても、GWのために既に飛行機を予約してしまっていたし、特例で無償キャンセルさせてくれたとしても、他に取れる旅先もなく・・・さらに到着日から3日間はホテルも予約済み。成田のカウンターでは、現地の状況が良く無いようですから気をつけてと言われながらも、27日より決死の覚悟で行ってまいりました。

古都カンディで仏歯寺を見て、王宮。

K3

そして付属の博物館。この軒下結構印象的。

K1 

この街の商店は全て7時で終了、それ以降は警察がきて閉店するよう勧告。10時以降は外出禁止令。

その後、ジェフリーバウアのヘリタンスカンダラマに移動し2泊。街から離れた場所なので2食付きで。驚いたのは中国人は一人もいない。客の1/3は日本人。一人旅の日本人女性、女性グループがちらほら・・・。非常事態宣言中なのに。

Kd1  

緑に埋もれる雰囲気は写真と同じく素敵。

Kd2

でもね・・・、。このアングルでちょっと失望。
建築家というよりデザイナーに思えてしまって・・・。

Kd3

なにはともあれ客室からは毎日猿が見れます。初日には目を離した隙にサッシを開けて入られ、バナナとマフィンを盗まれました・・・。まあ確かに雰囲気は素敵なホテルですが、雰囲気まで(意味深) フロントでタクシーを頼むと10km離れた街中まで片道3500ルピー(2500円)、20km離れたシギリアロックまで片道7000ルピー(5000円)とのこと。とっさに隠したあのファイルはなんだったんだろう。1500って書いてあったような。まさにぼったくり。ちなみに、120km離れたコロンボ までPICKMEの普通車で7000ルピーです。PICKMEでシギリア 行きました。1100ルピー・・・。食事も・・・雰囲気は良かったけど、例えば屋外で焼いてくれてる牛肉は噛み切れず味もなし・・・オムレツはサラダオイルで焼く・・・etc

シギリアロックに登り・・・足が棒に。(写真省略)

翌日早朝はシギリア ロックが最も美しく見えるというピンナラワロックへ。投入堂も真っ青の道です・・・さらに足が棒に。

Pr3

こんなのも最後に現れるし・・・。でもこの先に絶景が広がる。

Pr2

私たちがやっとやっと登って到達したはずなのに、平然と犬が寝てるのが不思議・・・。どっから登ったんだか。
ちなみにシギリア のスリーウイラーは短距離でも500ルピーから交渉開始。PICKMEなら100ルピー・・・。

E1_1

象の孤児院でまじかに象を見て・・・。

El2_1

象去りし道路・・・。

Caf2_1

バウアの事務所。現・カフェ。
普通においしかったけど。
ハンバーガー1500円。ビール600円。

No1

バウアの自宅。
某大手ゼネコンの営業さんと一緒に回る。

Co1_1

コロンボ の市内は7時過ぎには車がまばら

UBERの現地版、PICKMEにも車あまり表示されない。タクシーの運ちゃん曰く、「PICKMEの奴らはムスリムだ。悪い奴らだ」と。でもさ、そのPICKMEの数倍の値段をふっかけてくるあんたらの方が信用できないって。

この国って驚くほど食が乏しい。美味いものが何もなかった。カレー系はしょっいか、辛いだけ。香辛料の深みも、具もない。帰りのスリランカ航空の機内食でさえ半分以上残しました。

海辺のリゾートなら印象違ったのかなあ。ちなみに海辺リゾートの集まるネゴンボは最終日まで厳しい夜間外出禁止令がひかれていた模様。

 

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »