« 山の手を巡る | トップページ | 登録更新 »

2018年6月11日 (月)

横浜へ

朝からtomitoarchitectureのカサゴへ。
902
横浜市の補助金500万円を使用しリノベ。地域住民をまきこむ一時滞在施設。箱から場へ。コミュニケーションに長け、(ある種の)社会性をもとめている建築家のあたらしい形のひとつ。
907_2
シェアと地域開放の先駆けとなった横浜アパートメント(2008)、西田司さんのもとで中川エリカさんがはじめて担当した物件だそう。占有スペースを徹底的に絞り、写真のような共有スペースを実現。外部なんだけど強い空間を意識させるのが不思議。不動産収支や法対応のお話も伺う。
911_2
鎌倉に移り、吉田五十八さんによる改修建築・吉屋信子邸を見学。こちらも上品で庭も豊か。吉屋さんが栃女出身の人気作家だったなんて知らなかった・・・。
920
長谷川逸子さんによる湘南台文化センター(1990)。ポストモダンを代表する建築のひとつなんだけど・・・。
922
その構成や装飾が、こども館の展示と一体化してしまい、とてつもないにぎわいを生んでいた。緊張感を強いる建築ではこうならない。もう嗜好の問題ではなく、敬服せざるを得なかった・・・。25年たって傑作だったことを認識。
930
山本理顕さんの緑園都市は20年前におとづれた印象そのまま。
今日の雨は冷たかったなあ・・・。
というわけで2日間、とっても対照的な建築と建築家の姿を見ることになってしまいました。
これ以上の感想は公開するのやめておこう。

|

« 山の手を巡る | トップページ | 登録更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1952917/73686826

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜へ:

« 山の手を巡る | トップページ | 登録更新 »