« 弾丸金沢 | トップページ | 金沢の桜 »

2018年3月24日 (土)

定期講習

3年おきに受講しなくてはいけない建築士の定期講習3回目。

1度目は日建学院。民間検査機関の適合性判定員さんが法規の解説。午後は、芦原太郎さんによる計画の話、金箱さんによる構造の話、伊加賀さんによる設備の話と、建築各界のスターが解説するので面白く聞いてしまいました。金箱さんマニアックだったなあ(笑)

2度目は総合資格学院。登壇に慣れた内部講師による法規の解説が続く。映像も総合資格のDVD講義そっくり。緊張感を持って聞けました。ただ、罰則規定に関する内容量、そこに割かれた時間の長さが印象に残ったような・・・。

そして3度目の今回はERI。検査機関らしく、手続きや審査項目を中心に取り上げていたよう。映像はテキストを映していくだけなので、けっこう退屈。前半の話し手もパッションを感じず・・・。後半はどっかの大学の客員教員の方が、構造と設備の新傾向について解説してたような・・・。どっちも専門の人っていないはずなんだけどなあ。

Koshu

というわけで、どの講習機関もDVDによる映像講義ですが、それぞれ内容に大きな差があるように感じました。ちなみに、3年前と同じところで講習を受けた友人は内容ほぼいっしょだったなあと申してました。

最後にある60分の考査がかなりたいへんです。テキストの付箋は出題されたところを貼ったもの。全40問解き終わった時には57分が経過していました。

試験問題の前半30問は木造建築士・2級建築士と共通、31ー35問は二級建築士と共通。一級の人はそこそこ学力があるひとだから大丈夫だろうけど、木造や2級のひとはけっこうたいへんなんじゃないかなあ・・・って感じました。まあ、アンダーラインって言われたところから抜粋して出されるだけなんですけど、テキストがけっこう厚く、内容も多いため、該当箇所が見つけにくいのと、言い回しが微妙に異なる場合があるので多少の読解力が必要という・・・。

さて、満点とれたかなあ。

|

« 弾丸金沢 | トップページ | 金沢の桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1952917/73163713

この記事へのトラックバック一覧です: 定期講習:

« 弾丸金沢 | トップページ | 金沢の桜 »