« 窓学展@東北大 | トップページ | 弾丸金沢 »

2018年3月21日 (水)

くまのもの

東京ステーションギャラリーの「くまのもの」展へ。

エレベーターを降りた時の竹の香り、各ブースの巻頭言、素材との出会いと思いに心を動かされ、表層や装飾化された構造体は縮小されると工芸品のような輝きを放つ。

退屈しがちな建築展とはちょっと違う。アートの小物展のよう。

Img_2279

Img_2269

実物の数分の一に縮小された構造部分模型もなかなかの見応え。

Img_2262

隈さんの建築って、SNOWとかのアプリ以上に写真映えするんだけど、今回の展示もその流れをくんでいるようで秀逸。その見せかた、切り取りかたにやられました。

物量で攻めた「安藤展」と対照的。

家内手工業的な私達の「2人展」と比べたくないなあ・・・(苦笑)

とにかく、隈さんの建築って素敵っていうクマジックにかかってしまいました(意味深)

今回はスパッと切り捨てられた建築計画や、空間、最近流行のアクティビティなんて話は次回以降の展覧会で表現するのかな? 

Img_2250

最後の一枚は中央工建築倶楽部の力作。絶妙なバランス計算で、4本の細い柱だけで自立しているのかと思ってしまいました。答えは会場でどうぞ。

|

« 窓学展@東北大 | トップページ | 弾丸金沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くまのもの:

« 窓学展@東北大 | トップページ | 弾丸金沢 »