« 夏終了 | トップページ | 1つの実物 »

2017年9月28日 (木)

淡路へ

恒例の豪華旅行。なんと小山から既にグリーン車。富士山を過ぎる頃には・・・。

1

淡路では安藤建築巡り。とてつもなく巨大は淡路夢舞台からスタート。これは短期間で設計・施工する規模じゃないって。1割も廻らないうちに食傷気味に。このお金どこから出たのかな。

10

念願の本福寺水御堂も。

13

14

妄想が膨らみ過ぎてたみたいです(汗

18

野島断層保存館をはさみ・・・。

21

もともとはTOTO保養所として建てられたホテルへ。3人で80平米のメゾネットを二部屋という超豪勢な状態。フロント階からエレベータ階まではご覧のような大階段で移動する他はないというストイックな仕様。重い荷物を背負って(苦笑

初日から階段ばかりの施設を巡り若干筋肉痛に。

25

渦潮を見るはずが、波が荒すぎて、大きく揺れて波しぶきを被る荒海体験搭乗に(笑)
若干1名顔が青ざめる・・・。

27

人形館は見れず、これのみ。

39

お昼は平松食堂。直近に出川哲郎さんがおとづれていたらしい。昼から豪華に白身のお造り定食。2500円。美味いのかどうか判断できなかったのでバカ舌なのかも。

33_2

今回の旅行で唯一心に響いた建築「戦没学徒記念 若人の広場(1967)」。丹下さんは軸線を通すというイメージが私のなかにあったんだけど、軸線をずらしながら到達させるという一歩進んだ処理を行っていたのがびっくり。資料館も壁と屋根が触れていたし。代々木、カテドラルを竣工させ、日南に通じる形で絶頂期を迎えていたときの作品なんだろうな。

大塚国際美術館はコメ避けます。対面にあった大塚製薬の保養所も強烈でした。

夜は徳島へ。これで、行ってない県は、鹿児島、佐賀、高知、山口、和歌山、福井だけになりました。今年の豪華旅行もこれでおしまい。

|

« 夏終了 | トップページ | 1つの実物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1952917/71907969

この記事へのトラックバック一覧です: 淡路へ:

« 夏終了 | トップページ | 1つの実物 »