« 伊勢参り | トップページ | リベンジ »

2017年7月28日 (金)

聖地

外宮から

21

セミの泣く緑の道を抜け

22_2

古殿地に驚き、参拝。

23

足下も気になり

24

せんぐう館は内部の展示、特にビデオが良い。神々に毎日毎日祈って、数多の時間が流れてきたのだと実感。撮影禁止なのが残念。口コミで広まればもっと混雑しそう。構法好きの私は、神明造の上から落とし込むような作り方にも魅かれした。同時に棟持ち柱の象徴性と非機能性、非構造性にも。

25

そして内宮へ。アプローチが外宮よりずっと長い。人も多い。

26

正宮が傾斜地にあったのも、古殿地との高低差もあったのにも驚き。全く同じものが微妙な差違を伴うだけで、20年おきに入れ替わるのだと思っていたので。

29

俗物の私は、横丁にもより、岡田屋で伊勢うどん。粘り気があって濃い汁に柔らかく太いうどんはぴったりだけど、これは汁物ではない感じ。他に何か飲みたくなる。


車を借り、内藤廣さんの海の博物館へ。

38

バブル当時にローコストかつプレキャスト製コンクリートで建築されたこの船の収蔵庫が目を引いた。

37

建物のボリュームや天井高や調整されていて・・・。

32

でも、訪れてもっとも驚いたのはその後に建てられた大断面集成材による展示室。二つの棟が角度を持ち、高低差も持ち、枯れ池に対し絶妙なバランスで建っている。

33

内部も架構に目が行きがちだけど・・・

35

私はこの手すりや椅子に代表されるような、原材料を抑える工夫を重ねたディテールに最も心を打たれました。コスト削減なのか、展示室にエアコンはなし。だから天井もすっきり。

34

フラットバーや鉄板による開口部、庇は良い具合にサビが生じ、味が増し・・・。

31_2

早稲田らしい、泥臭く、装飾的なディテールも。

海の博物館は若き日の内藤さんが心を注いだことがジンジン伝わる素敵な聖地でした。

すみません、展示物・収蔵物の価値はマニアックすぎて良くわかりませんでした(汗)

36

ただ一点わからなかったこと。すぐそばにこんな素敵な入り江があり、低く抑えた建物の開口からみることもできるはずなのに、海に対する問いかけがないのが不思議。

海の博物館周辺は牡蠣の養殖が盛んでたくさんの牡蠣食べ放題のお店がありました。残念なことにシーズンは冬だそうで・・・。いまは営業期間外。

39

多くの海鮮やさんの営業時間も逃し、伊勢に戻り松坂牛をいっしょう瓶という名の焼肉店で松坂牛を人生ではじめて食す。霜降りながら、さらっとした食感。これは塩でいただきましたが、他に味噌タレでも。油部分も、ホルモンも爽やかで、とても上品なお肉でした。

ただ・・・宇都宮で戻り、宮のタレ風のタレで食べた国産牛の試食品のほうが、ガツンと心に刺さるのは、30年以上宮のタレに慣れ親しんだ宮っこ故の悲劇か・・・。

|

« 伊勢参り | トップページ | リベンジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1952917/71315520

この記事へのトラックバック一覧です: 聖地:

« 伊勢参り | トップページ | リベンジ »