« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

9-10月掲載まとめ

恒例の9-10月web掲載情報まとめ

といいたいところですが、Macのトラブルで1ヶ月分のデータが消えてしまったので、数件あった掲載情報が見つかりませんでした。というわけで掲載の一部という形で・・・。

FJH  洗練された外観と穏やかな室内を備える家 韓国版
https://www.homify.co.kr/ideabooks/1576279/세련된-겉모습과-온화한-속내가-어우러지는-집

11

ISH before after 美しい納屋と家 オランダ版
https://www.homify.nl/ideabooks/1303145/voor-en-na-oude-schuur-wordt-prachtige-woning

A003


以下ワンショットだけの掲載
YZH 木の外壁の家 ペルー版
https://www.homify.pe/libros_de_ideas/1139392/casas-de-madera-si-o-no-te-damos-las-recomendaciones

TYH コンクリート天板のキッチン特集 イギリス版
https://www.homify.co.uk/ideabooks/1457178/15-concrete-worktops-that-would-redefine-your-kitchen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月29日 (土)

Super Friday

Img_1681

久々に牛丼食べました。4回のチャンスのうち、日本国内にいた3回は完食。さらに、3枚で1杯サービスのチケットがあったので、もう1食。今月だけで4回も吉野やに通いました。ソフバンありがとう。

来月11月は31のアイス、12月はミスドだそうで。完食目指します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

香港の建築

今回は3つだけ紹介。
まずはザハの香港理工大学イノベーションタワー。香港ピークコンペで磯崎新氏に見出され、新国立競技場問題で日本でも有名になった彼女。茶色いタイル貼りのオーソドックスな校舎の隙間から異形の建築がのぞく。

Z0

ザハらしくスピード感あふれる形態。

Z2

校舎内にいくつか展示されてるコンセプト模型を見てもそう感じる。

Z1_2

写真で撮ってもそう。

Z3_2

でも、実際の場を体験すると、ザハらしい連続性が欲しかったなとか、抜けがあると良かったなあとか、計画学的工夫もほしかったな ・・・なんて思いつつ、1番上から下まで狭い階段を降りてきました。うーん、建築って難しいなぁ。

90年代の話題の建築。ペイの中国銀行(1990)。三角柱の組み合わせによる構造がとても面白いとのことだったはず。当時は話題性抜群だったと思うけど、今見ると都市への絡み=足下のデザイン、そして内部空間もちと寂しく感じちゃうなあ・・・と。

P1

P2

そのふたつ隣にある、フォスターによる香港上海銀行(1985)。ハイテックってイメージしかなかったけど、凄く緻密。カニビルという構造を特徴とする建物だなんて言ってしまうと、その魅力を見過ごしてしまいそう。

F1

文節されて、垂直性を強調された外観。

F2

高低差のある南北の道を結び、公共に解放された一階。

F4

落下物捕捉と冷房効率を考えた一階と二階の仕切り。

F3

てっぺんまで抜けつつ、水平方向が強調されたデザイン。

竣工から30年をすぎても、いまだにハイテック、未来志向を感じてしまう。
いやぁ、、、圧巻でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

香港・重慶マンション

香港までは、直前にとっても片道1万もしないし、往復1万ちょっとのときもたびたび。ほんと飛行機は安くなってる。しかし、香港のホテルはとにかく高い。で、泊まったのが噂の重慶マンション。シングルで一泊2000円ちよい。チェックインもテキトー、チェックアウトもテキトー。お陰様で低層階のシングルルームを予約していたのに高層階のダブルルームにしていただけました。

周囲にはニセモノブランドを売る怪しい人々。1階にはインド料理=カレーやさんがたくさん。インド人の客引きもたくさん。

C3

常にエレベータの前は人が並んでいて・・・。

C4

部屋も強烈。狭い狭い。これで2人ベッドに寝れるのかって思うくらい。窓も申し訳程度。とってもうるさい換気扇と窓付クーラーを止めると湿気があふれてくる。寝てしまえば何も聞こえない私。とってもうるさい中で爆睡していました。

C2

それでも、避難経路だけはとにかくしっかりしているのには感心。火災が起きても大丈夫そうです。

それに、なんといっても場所が最高に良い。さらに館内にはたくさんの両替所、深夜までやっている食堂や売店。中野ブロードウエイを更に激しくした感じというか。

飯もモノも日本と変わらない値段。ハッカクが苦手な私は、本場の中華料理がダメ。創業160年、3代目の雲呑麺屋さん(要計算 笑)で約530円のエビワンタン麺をたべるのが精一杯。確かに美味いが恐ろしく小さく小腹も満たされず。

W1

W2

ラーメンは日本の倍だし。食の都・香港なのに、食の楽しみは無しというのがちと寂しいとこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

軍艦島へ

実はこのあたり短辺方向160mの島を時折波が乗り越えてしまうくらい荒れる海だとか。晴れ男の私、年に30日もない程の穏やかな波の日に上陸来ました。利用したのは高島海上交通の軍艦島上陸クルーズ。フラットバーの溶接による船体に微萌え。

Bd1

船着場横には、デコンの旗手・マイケル・ロドンデイのドラゴンプロムナード。

Mr1

倉庫と展望台が主用途。ドローイングはめっちゃかっこいいんだろーなと思いつつ、、、。

Mr2

沖から見るとランドマークにななってる。

そして軍艦島。

Gt2

高島1カ所、軍艦島2カ所でガイドさんのとても詳細な説明。

Gt1

神社やお寺の神聖な場所から、映画館に雀荘、ダンスホールなどの遊戯施設。緑のない島だからこそ望まれた日本で最初の屋上庭園。子供達に光をとの説明によって産まれたモダニズム建築の小学校。ボタの運搬処理方法や、埋め立てとの関連。階層化された住宅団地。構造の2人は鉄筋や薄い庇が気になってたやようで、、、。かつて繁栄を誇った小都市が垣間見えました。願わくば、ビルの隙間にも入れたら・・・。そして何よりも繁栄した時代、その街の様子を見てみたかったなぁ・・・と。

Gt3

Gt4

Gt5

そのほか爆心地や観光地巡りも。祈りの空間は一文字書きだったらよかったのにとか、広島よりちゃんと原爆の展示がされてるなとか、いろいろありますが、省略。今回の旅行も無事に終了しました。

最後に食べログ。
30センチあるという野母んアジの刺身。出島ワープの市場食堂にて

Img_2173

大波止桃華園のチャンポン。やさい劇盛状態。もっちりの麺。

Img_1863

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月18日 (火)

ハウステンボスへ

年に一度の豪勢な旅行。といってもエコノミーにおっさん3人が並ぶという体験をしてもらい、、、笑。しっかり不満を抱いてもらえたので、次回以降多少高くても広い席を指定することになるかな、、、と。

そして、おっさん3人でハウステンボスという無謀な冒険。オランダ風の建物に、夜遅くまで広場で音楽イベントがあって、確かによくできた街並み。

Ht1

Ht3

Htm

ホテルに歩く途中に見つけたバンジー。勢いでやってしまいました。

Pa180041

Pa180042

うーん、飛んでる時も猫背というのが難だけど、、、。気合いで飛べたのですか、飛んでからしばらくして震えが、、、。一気に疲れました。一緒に飛んだ某君は飛べなくて躊躇してたら背中を押されたそうで、、、恥。

なんでもVRを駆使した展示や映像が売りとか。
さっそくガンダム。あれ? 

そして、VR。あれ?

スリラータウン。えっ?そんな、、、。(写真自粛)

というわけで、10時の閉館までひたすらパビリオンを巡りましたが、驚きの結末でした。

来場者が伸びて黒字化できたのは個人旅行のリピーターではなく、修学旅行生を上手くとりこめたからじゃないのかなぁ、、、と。長崎での平和教育、近代建築遺産とセットで。

宿泊先の日航ホテルのお刺身。

Htd1

国産牛のすき焼き。

Htd2

高級ホテルなのに、街中の居酒屋並みの値段でした。
もちろん質は段違い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

実りました

昨年、剪定したら全く柚が実らず。ちょっと不安でしたが今年はしっかり実りました、それでも一昨年よりは気持ち少ないかな。

Yuzu

体が重く風邪かなと思っていたら、どうやら秋の花粉症発症のようです。アレグラが切れるたびにクシャミと鼻水が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

食事

もひとつ。

インドで鉄道に乗れたのは、最終日チャンディガルからデリーまで。都市間特急のACchaircarだけでした。食事が出るとは聞いていたけど・・・。フルで写真を撮ったので紹介しておきます。

1

まずはじめに水とライムジュースが配られます。ライムジュースは安心できる味でしたが、水はなんだか泥臭くて飲めませんでした。水のおかわりは有料みたいです。

2

で、次に熱いトマトスープと乾パンが配られ・・・。

3

乗車後1時間を過ぎた頃でしょうか、ようやくメインディッシュ。ノンベジなのでちょっと辛い肉入りカレーと、辛くないカレースープ、長米にチャパティー2枚、液状のピクルス。ベジの人は豆カレーでした。

4

で、最後にデザートまで。バニラアイス。懐かしい昭和の味でした。

5air

ちなみにJETairwayの国内線。たった45分のフライトでも機内食がでます。100mlのペットボトルに入った水。おかわりも無料。メインはツナサンドか野菜サンド。デザートとしてキットカット。それらが一箱にまとめられて配られます。みんなさっさと食べます。そして速攻回収されます。水平飛行時間が短いもの・・・。

インドの人は基本的にお酒を飲まないので、基本甘党みたいです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »