« 真岡へ | トップページ | 台湾 »

2015年9月 6日 (日)

神奈川を廻る

学会に合わせ神奈川を廻る。

遅れて合流なので鎌倉を散策。昭和の香りの漂う「あさくさ」で一杯。
ホテルもニューかまくらというとてもレトロな場所。共同のお風呂やトイレは完全に改修されているし、お部屋や廊下もきっちり掃除がされているため居心地が良い。

Kamakura

で、保坂さんの湘南教会。

Shounankyoukai_2

KAIT工房。実物も良いだけど、写真映えは抜群。構造のモデル化、水平力を受ける柱とそうでない柱の違いは、接合部のディテールわからず、私には解けず・・・。

Kait

横河健さんの事務所を見学させていただき、ミニレクチャを拝聴。ザ・建築家!学生がルサンチマンを感じていた模様。就活マニュアルを差し上げ、代わり「モノづくりはコトづくり」という正方形でまたまたお洒落な冊子を戴く。

港南ニュータウンの緑地への開きかた、建物の上品かつハイソな佇まいが素敵。

Kyarest

とても美味しいランチだったので、他人のソースもいただきました。パンはおかわり自由。

Kya

いくつかの建物は省略して・・・(笑)

飯田善彦さんのカフェ&アトリエにもお邪魔。館内の商店街に構える。蔵書の有効活用のほか、3.11以降コミュニティの大切さに気づき、街に対して開いていきたい、だからこのようなスタイルをはじめたというお話も聞き・・・。名刺交換させていただきました。本送らなくちゃ。写真は手ぶれが酷く・・・省略。予算があるわけでも手数がかけられる改修でもないのに、いろいろ美しく見せる工夫がされているのは流石でした・・・。

すぐ近くには最近注目されている野毛の飲み屋街。こんな飲み屋から赤提灯まで。個々が思いに任せてつくってきたアジのある街。

Noge

最終日のメインは丹下さんの横浜美術館。学芸員さんや各エリア担当の方の解説付き。ポストモダン時代の影響を受けつつ、極めて王道の建築らしい平面図、部分も全体も自己相似になっていること、バブル時代の仕上げであったことも印象的。見る、学ぶ、造るがコンセプトだったそうで、それに準じる運営、配置計画でした。

ランチはそのままMM21地区で。野毛とは正反対。全てがコントロールされているような、そんな堅苦しさと人工的な雰囲気も・・・。

Mm

午後は、日本がまだ貧しかった時代のモダニズム建築。
前川さんの神奈川県立図書館や音楽堂を散策。

Kanagawatosho

最後には大江宏さんにより1996年に竣工した横浜能楽堂。1983年の国立能楽堂にはポストモダン的要素があふれていたけど、こちらは極めてオーソドックス。13年、干支は一周。時代は変わるんだな・・・と。

Nougakudo

講演中で内部には入れなかったけど、「旧染井能舞台復原修理報告書」を買ってきました。

今回も濃かったけど、来週も建築見学旅行・・・。

|

« 真岡へ | トップページ | 台湾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1952917/61486865

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川を廻る:

« 真岡へ | トップページ | 台湾 »