« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

4月例会

展覧会などでスタートが遅れたけど、今年の初回をようやく迎える。そして、通算18回目。今回は、木造ながら、柱梁接合部を半剛接とするSE構法について。レクチャラーはNCNから、設計事務所支援を目的に分社化されたNDN取締役の植村さん。他金物構造法との違いを接合部のディテールから追う形。いままでの実績は1万4千件、現在年1700棟ペースで建てていて(うちBESSが500、無地が300)、住宅8割、施設系2割とのこと。RC&S造の職人が逼迫しているのに対し、木造はまだ少し余裕があるよう。そこで、施設系の引き合いが増えているとか。特に500〜3000平米または1億円未満の物件に強みを持つそう。また。200平米までの平屋は軽量鉄骨、それ以上はSEだとも。

現在旧38条認定で設計施工されているが、年3000棟を超えれば一般構法化され、より使い易くなるのではないかとも。ともかく、基本木造であるが故、軽さ(地盤への負担)、工期短縮(構造材の工場生産)、減価償却が早い(vsRC、S)、CO2の削減、室内環境に強い利点があるそう。

NDNは構造設計者として建築設計事務所支援にあたるのが第一の役割。確かにいま設計事務所は構造的な裏付けを求めている。しかしもともと少ない構造設計者はそこまで手がまわらない。だから、それを補いかつ手頃な価格で構造設計をしてくれるこのシステムは魅力。これは爆発的に広がるかもしれない。

惜しむらくは、柱と梁のバランス。モーメントを伝達する接合金物で梁材の大きさが決まるため若干大きくなりがち。また全部を自分で把握したい私には、それがちょっとネックになるかも。

さて、この会。ずっと同じホテルの会議室を借りてきたものの、4月から規約が変わり、会議室内でのアルコールは禁止に。誰もソソウはしてないと思うんだけど。う〜ん。これはツライ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月25日 (金)

都内+中央線で

戦後住宅展の準備をからめ、五十嵐研の面々と東京見学。 朝から松川ボックスにお邪魔。木の処理が印象的。梁や柱を和室枠の納まりに見立てているような・・・。

その後歩いて、早稲田理工、軍艦マンションなどを経て新宿ホワイトハウスへ。昼食後、国立競技場や東京体育館、国立能楽堂、ハムレット、TERAZZAなどなど多数。大江寛さんもポストモダンの影響を強く受けているだなと今更感じる。

さ技術的に不可能ではないかと噂されているザハの新国立ってそんなにデカイのかな。東京体育館もけっこうな大きさだけど。新国立予定地側から。

Tktaiikukan

最後はもうつひつのメインの塔の家。塔の家では松隈洋さんにはじめてお会いし名刺交換。建築家図面アーカイブの問題などをお伺いする。で、私は埼玉県美の方々と東事務所にお邪魔するため塔の家で一時離脱。五十嵐研は岡本太郎記念館をはじめ表参道の建築を散策。

で、2.5時間3千円の超激安居酒屋で合流。なぜか「ギャルとギャル男の文化人類学」の荒井悠介さんも参加。妙な盛り上がりがありました。

2日目は、東京たてもの園の見学はパスし、午後から北八王子にあるUR技術研究所内の集合住宅歴史館へ。前川さんの晴海高層アパートのある部屋の機能と空間のバランスにとても好感をもつ。ノスタルジーをかきたてられる施設群。

Harumi

その後、まちなかアートプロジェクトの先駆け立川ファーレへ。よつ葉のクローバーを見つけるような面白さ。

さらにパチンコやを改装したマウントフジアーキテクツによるハモニカ横町三鷹。

Mitaka

そして本物の吉祥寺のハモニカ横町へ。アトワン設計した店舗もチラ見。

Hamonika

多くの人たちの手によって、様々に改装された場、人が密集して集まる良さは建築家1人の手だけでは、近づくことができないもんだな・・・さて建築家に何が可能かと、、、自問しようかなという前にそんな仕事はこない。

2日間で多数の建築を見たけど、構法についての解説ばかりになってしまった。
さて、また引きこもって図面とテキストを進めるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

新大久保へ

新刊「建築学科へよこそ!」の出版記念イベントへ。編集者の方などに挨拶はしておかないとな・・・と。場所は新大久保のカフェアリエ。ウエブをよく見れば、行き方はわかるが、やっぱ目印はこっちだな(笑)

Wh

当日は建築ラジオの収録、そして懇親会の流れ。版元の学芸出版社だけでなく、彰国社や建築資料研究社の方々も。10人ほどの方と新たに名刺交換させていただく。私の言動や雰囲気から私はちゃらいと勘違いされている節も・・・。就活マニュアルに書いてあることや、作っているものを良く見ればそうじゃないと解る気がするんだけど。滞在3時間ちょっとの滞在で宇都宮に戻る。

実は来週もまたココに行きます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年4月18日 (金)

加美→仙台

さて、原付で工務店へと思えば・・・後輪の空気が抜けて走れず。大学の近くの原付やだとノーブランド品取付料込で1本8000円かかるとか。通販なら2本で3000。チャレンジするか・・・。仕方なく地下鉄にて向かう。

泉から40分ほどでプレカット工場へ。とにかくとにかく巨大。仙台の好景気が見えるな。写真は加工場のほんの一部。で、作図担当の方と3時間ほどみっちり打ち合わせ。図面をよく読み込んでるわ。

Fab

大学に戻り、ちょっとした面接のあと、戦後住宅展に絡め、来週見に行く建築物の勉強会に参加。調査と読み込み、記載方法、自分なりの解釈も足りん。

で、終電がなくなったので、カプセルへ。スペースの都合からテレビが上の方にあるんだけど、中銀カプセルもそんな位置にテレビがあった。カプセルってとっても良くできてる。それとデカイ風呂だと体の脂分がしっかり落ちるような。

Cup

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月15日 (火)

仙台→東京

大学から現場に行くための原付を仙台まで運ぶ。さすがに疲れたものの、青葉山と片平の往復も楽チン。で、図書館で本を漁る。仙台のホテルは震災前か、もしかしたらそれ以上に安い水準に落ちてきている。とっても助かる。

朝一番で現場に行き・・・ちとつらい打ち合わせ。そして新幹線で東京へ。800円ケチってやまびこにしました。戦後住宅展の打ち合わせで某事務所へ。建築の概念を問い直す一流の建築家をたくさん輩出している理由が少しわかったような、まだまだわからないような。で、お陰で図録に収録する作品解説も筆が進み・・・1件完了、2件8割方完成、1件メモ段階。

さらに細かな打ち合わせのため、新建築の写真部に寄って、埼玉の学芸員のIさんととんちゃんへ。やっぱり美味い。

Ton



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

コメダ

事務所からほど近い処にできた話題の喫茶店コメダへ。モーニングはコーヒーを頼むといろいろつくんだよなと。420円。で、ついてきたのは、厚めのトースト半分とゆでたまご。う〜ん・・・これだけか、朝飯にはちと足りない。

Komeda

でも、とってもあかるい店内で、広々として落ち着ける。この値段は場所代と考えた方が良さそう。といっても、スタバのようなお洒落に気取った場所ではなく、昭和のスナックにあったようなエンジ色のソファー、床や椅子とアンバランスとも思えるウッディな架構と天井。流れる曲は20〜30年前に流行った歌謡曲。そう、おじさんおばさんにとって、気楽にくつろげる場所のよう。わたしもどっぷり1時間(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

ばってり—交換

中古で購入してきたボロヴェルデ。既に1年半が過ぎ、月に1〜2回しか乗らないので、バッテリーが全く充電できなくなってしまった。ということで、ネットで安いバッテリーを購入。送料こみ1920円のノーブランド品。近所の大型バイク部品店にいったら5千円からだったので・・・。


早速、取り替えるが、作業時間3分ほど。あっけなさすぎて写真を撮るのも忘れてしまった・・・。抜き出したバッテリーはYUASA製としっかりしたもの。でもめちゃくちゃ小さい。これで安心して、原付ツーリングを楽しめそう。

Batt

問題は・・・杉から桧に移行した花粉。私にとっては、桧のほうが体ががダルくなる。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

焼きまんじゅう

近所の農産物直売所に行ったら「焼きまんじゅう」を発見。栃木県産の偽物ですが・・・(笑) 植木さんからいただいた創業140年の老舗のモノは美味しかったので、早速買ってみる。

Yaki

本物は若干酒精の香りがあってパンのような食感だったけど、コレは何の香りもなく、中がビシャビシャで食感も悪い。似て非なるもの。実は焼きまんじゅうをおとしめるトチギの工作員だったのか?

餃子も、寿司もちゃんとしたとこで食べないとな。COOLJAPAN、そしてCOOLGUNMAとCOOLTOCHIGIだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

日→月

月曜朝一から基礎の打設なので仙台に前日入り。戦後住宅展のテキストを書くための資料を図書館で大量に借りる。良い図書館が近くにあると良いのに・・・。宇都宮はとっても不便。で、本日の1食めとして末広ラーメン。十扉場へよって、玉コンをつまんでカプセルへ。

Suehiro

バスで現場に向かい、配筋・ABチェック。指示するだけではなんなので自ら補正。
帰りは監督の車で他の現場に2件寄り、駅へ。そして宇都宮に。

荷物を置き、すぐに小山の城山公園へ。月曜日だから比較的空いているとのことだったが、他に誰もいない・・・(笑) 既に7部咲きだと思うけど。

Shiroyama

慶野さんがもってきてくれた若盛純米大吟醸に舌鼓。伊藤商店の柿ピーも初めて食べたような。植木さんが念願の焼きまんじゅうを差し入れてくださる。栃木県民がそれを食べると死んでしまうとのことだったが、まったくそんなことはなく、普通に美味しい。徐々に参加者が増え最後は20人。群馬からは植木夫妻のほか、藤野さん、小島さんにが参加。彼らは最初から最後まで、すっごくまじめに建築の話をしていました。

ちなみに、焼きまんじゅうについてはココを参考に
http://www.kurage-bunch.com/manga/gunma/

「建築学科へようこそ!」がようやく届く。下稿にはなかったが、各ページにはペン画のかわいいイラストが。これだけでページの雰囲気が全くかわることに驚き。

そうそう、ISHの掲載は本当に巻頭掲載。目次で一番上に書かれている。言われてから気づきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »