« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

まとめて

月曜日は仙台へ。

基礎の配筋検査。宮城なまり「だっちゃ」がバリバリ飛び交う現場に微笑み(笑)

夜は五十嵐研の追いコン。1次会は海鮮料理満載の「山の猿」。2次会以降は美味しい肉料理が売りのユーロ29。で、カプセルホテルリーブスで一泊。日月の宿泊は2500円と激安。朝5時から10時の滞在は1000円とふつーあり得ない値段。飲んだあとはちょうど良いかも。

昨年度はほとんど大学に顔をださなかったけど、今年は現場があるので9月まで週一ペースで顔をだします。最終学期となるSSDも受講予定です。

木曜日は戦後住宅に絡め鶴川へ。模型製作のため原廣司さんの自邸(1974)を見せていただく。写真で想像していたよりはるかにコンパクト。それだけデザインの密度が高いということだろうか。図面の細かさにも驚いていたが、換気等の設備にも充分な配慮。そのほか、城西小学校の空間構成の萌芽が見える慶松幼稚園(1968)、有孔体というか、正方形による操作が印象的な鶴川保育園(1981)も内部まで見せていただく。やはりいずれも斜め上方から光をとっている・・・。京都駅や飯田とも同じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金)

お花見

31日(月)夕方から小山駅近くの城山公園でお花見をします。ちなみに、準備開始は4時頃。お時間の都合が付き次第の参加で結構です。参加時に3分以内での自己紹介お願いします(宴席versionにて)。A3の紙に写真でも打ち出してもらえるとわかり易いかと思います。今回は群馬の方々にもお声をかけています。焼きまんじゅうたべてみたいな・・・。所員やお知り合いの建築家もお誘いいただけたらにぎやかになると思います。参加人数は神原さんにご連絡を。会費は1000円。いつものオードブルやお酒、ジュースを購入しておきます。足りなかったら、カンパを募り現地で買い足すぼったくりバ—式です(笑)

今週結構動いていたので報告もあるのですが、こちらの案内を先攻で。
ちなみに写真は隣の家の桜(?)

Sakura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

つぼみを見かけるようになると春なんだな・・・って実感。
でもこの季節に体がだるくなる花粉症だけはなんとかしてもらいたい。

Tubomi_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

花粉

今年は調子が良いと油断したとたん・・・。
肌がガサガサ、目が痒くなり。今晩から吸引します。

Kahun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

建築家

建築知識上で「家づくりの会」が連載している地域の建築家コーナーにて「栃木県の建築家」として私を選んでいただき、「築100年の雨屋の改修」(真岡市ISH)を2014年4月号に掲載していだだきます。本日初稿バック。テキストは家づくりの会の森さん。ああなるほどこういう解説をするんだと、興味深く読ませていただきました。

今回の掲載は同会主催の家づくり大賞に応募していたので、いただけた話。残念ながら受賞ならずでしたが、意外な形で拾っていただけました。レイアウトやプレゼンが億劫なので、基本的に賞には応募しないのですけど、今回は写真5枚とテキストなどを送るだけだったので珍しく・・・。

この連載って、受賞作品の紹介と共に、全都道府県の建築家を選定掲載。そして、単行本になるのかしら。私で6人目だから早くて4年後の話?

ちなみに建築知識は、実売で毎月3万部前後でている最も販売部数の多い専門誌。とは言っても読者の7割が一級建築士ということで、まあ直接仕事には結びつかないな・・・なんて思ってます。

撮影をお願いした中川さんの写真を一枚UP。私の写真とは段違い。発売は3月20日。

Ish31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

ようこそ建築学科へ!

ずいぶん前から話があったものの、ようやく昨年末から動き出した建築学生本。五十嵐さんをはじめとする5人の方が編著になっていますが、実は様々な書き手に1編づつをお願いした寄稿集。この形式なら短期間で制作できるなあ・・・と。

私の担当エッセイは、あまりに過激すぎて原稿を戻されたんですが、柔らかく柔らかく書き直し、なんとか入稿になりました。追加で建築関連資格に関する原稿も書く事になり、珍しく自作の図をつくっています。ちなみに2編以上書いてるのは五十嵐さんと松田さんと私だけのようです。発売は3月25日?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »