« 鶏もつ炒め | トップページ | 駅東〜鹿沼 »

2013年4月 5日 (金)

村岡屋

様々なネットメディアで評判のつけ麺の店「村岡屋」へ。節系のパンチが効いたオーソドックスなつけ汁、コシが強くうどんのような太さでツルツルの麺、バラとロースのチャーシュー、太い太いメンマ。人気店なのも良く解る。客の多くはがっちり系。で、つけ麺は750円だけど、特盛りにして、ごはんやチャーシュー飯をつけたりしたら、お洒落なフレンチやイタリアンのお店のランチが食べられてしまう。ラーメンて不思議な集客力。そうそう、11時半から30分ほど店前で待ったが、食事の終わったお客さんは6人のみ。そのくらいゆっくりとしたペースで料理は作られる。カウンタ4席、4人掛テーブル3席、合計16席。確かに麺をゆでる時間がかかるのはわかるけど、行列を意識しているのだろうな。

Murao Muraom

実は、スタッフ用に買ったボロい原付が今日の足。事務所と自宅程度の距離なら楽しくのんびり走れる。ガソリン代は極僅か。車と違い裏路地を走るようになるので、車では見えなかった景色も見えるようになり、桜の花びらの下をくぐれたり、春の香りも味わえる。やっぱトロトロ走るって良い。問題は、メットをかぶっていると側頭部が痒くなる事や、花粉で目も痒く涙があふれ、さらには鼻水が止まらなくなること。

|

« 鶏もつ炒め | トップページ | 駅東〜鹿沼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村岡屋:

« 鶏もつ炒め | トップページ | 駅東〜鹿沼 »