2024年2月22日 (木)

出雲へ

2015年9月以来、2回目の出雲へ。

今回はサンライズ出雲にて。年始よりサンライズの予約を試みてみたものの、JRのWEBでは発売の午前中でも席の確保は困難・・・。近ツー

や日本旅行では数席のみツアー用の席を確保しているようで、なんとかソロという狭い個室寝台を確保することができました。

Img_1288

出発の30分前だというのにホームにはカメラを構えるたくさんの人々。決して鉄ヲタではないと思われます。

Img_1292

記念撮影をされる方も多数・・・。

Img_1300

今回の席は下段。入り口脇に30cm幅の天井が高いスペースがあり、立って着替えることもなんとかできます。

Img_1301

奥の洋服掛けはちょっと遠くて断念したものの、必要にして充分な寝床が確保されてました。

Img_1319

個室にはそれぞれ、調整可能な個別ヒーター、照明スイッチも3つ付いてました。

窓から見えるホームの風景も面白く、鉄道旅に期待に胸が高まります。

Img_1303

社内の自販機は定価

Img_1305

シャワーカードは噂通り即完売でしたが・・・。

深夜だというのに、横浜、熱海、沼津、富士、静岡と泊まって行きます。

静岡着は出発してから約2時間半。各駅でポツリポツリと人が乗ってきます。

横浜までは速度が抑制され、なかなか良い乗り後心地。

Img_1309

そのさきは・・・

Img_1314

100km/h前後で爆走したようで結構音もうるさいし、揺れるんです。

結局、1:20amの浜松までは寝たり起きたり・・・。

それから寝るぞと意気込んでみたものの、とにかく夢見が悪い。暴風雨で家が揺れて、周りの家が潰れてしまった夢を見る。多分騒音と揺れのせい。

結局、朝6:30に岡山に着いた時もとても眠たく・・・。その後も横になりながら、出雲についてしまったのでした。車窓を眺める余裕はなし。

Img_1324

着いても寝た気がせず、とても体が重かったのですが、出雲駅前の温泉でリフレッシュ。900円と高めだけど、濁り湯も良いし、露天は一人で入れる檜のバスタブが3つありリラックスして入浴ができました。

 

| | コメント (0)

«定期講習